2008年03月03日

偏頭痛(片頭痛)の症状

典型的な偏頭痛(片頭痛)は、偏頭痛のの痛みが起こる前に目の前がチカチカしたり、手足がしびれたり、目がまわったりと言うような独特の前触れ症状があらわれた後に、ズキンズキンと脈打つような頭痛で10分から2時間でピークとなり、吐き気や嘔吐を伴う事が多いようです。

このような症状があらわれると、こめかみや首のところの動脈を圧迫すると痛みが和らぐこともあるようです。

また、逆に前触れの症状を伴わずに頭痛が起こる場合もあるようです。

一般的に、偏頭痛を起こしやすい人は、緊張しやすいとか、神経質、野心家、努力家といった性格をもっている人に多いと言われているようです。

時々、自分の気持ちやくせを見直すのも偏頭痛を起こさないためにも必要なことかもしれませんね。

posted by あたまいたくん at 05:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。